2007年11月23日

結婚・仲介

結婚の仲介とは結婚をしたいと思っている男女をひきあわせる事を言います。
自分の出した様々な条件にあった人を選んで、相手を紹介してくれて、サポートをしてくれることです。

以前は結婚の仲介をする「仲人」(なこうど)と呼ばれる人が多くいましたが、 仲介をした場合には「仲人」として結婚式に行く事はもちろん、 夫婦の今後おきるであろう様々な出来事を見守っていく事になります。

最近では面倒な事だからか、あまり仲人を自らする人も少なくなっています。
なので、多くの会社や企業が仲人の代わりとして仲介を受け持つ事も多くなっています。

企業が仲介に入ることのメリットとしては 様々な地域や地方から結婚相手を探す事ができるようになるということです。

近年では国際結婚を求めるひとも多くなっていますので、海外から結婚相手を探すという仲介の会社も多くなっています。

デメリットとしては、仲介をしてもらう為に入会の為の手数料や入会費といったお金を 仲介会社に支払わなくてはならないことと、100%相手が見つかるわけではないという事です。

様々な紹介所があるため、ひとつの紹介所に行くのではなく、いろいろな紹介所をみて、自分にいちばんあった内容や長年の実績、良いカウンセラーのいる紹介所を探すことがいちばん大事だといわれています。
posted by ウソっプ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68423071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。